中古車購入とトラブルについて

新車を購入する場合は、車にトラブルがあったり問題があっても、ディーラーがすべて対応してくれますから、特に問題は起きてきませんが、中古車の場合は例えば何か不具合があった場合、あるいは購入後にエアロパーツを付けたいとか、タイヤを交換したいとか…故障したとか、新車で購入した場合と比較していろいろなトラブルが起こることがあります。 Read the rest of this entry »

ハナテン(8710)のおすすすめポイント

ハナテンのおすすすめポイントは、買取店として目立った悪評がないところです。高額買取を得意とする他のお店によくありがちな、後で買取額が安くなったり、解約しようとしたらトラブルになるようなことがありません。そうした報告は一切ありません。販売店としてはまだまだ見直すべき点はありますが、買取店としては優秀な業者と言えます。直接販売、直接買取の直販方式を取っていて、流通経路からのムダを徹底排除しているのも、ハナテンのおすすすめポイントです。大阪や兵庫など近畿においては、車の買取では高い知名度を誇っていて、買取り業務でも高い評価を得ています。ハナテンは、沢山の中古車買取専門店が買取った車を他のオークション会場に出品して売りさばく方式を取っていません。お客さんから買取った車を直接自分の店で販売する直販方式を採用しています。これにより、経費をしっかり抑えています。ハナテンの買取は、買取専門店としてのマージン部分を省くことができる、非常に優れた方式になっています。オークション出品料や成約料など余分な経費が発生しないところもおすすめポイントです。

愛車をより良く査定してもらうには

価値のある自分の車を処分し買取ってもらうには、少しでも高く買取ってもらうほうが良いのに決まってます。これまで車を売った事がありませんでしたから、車買い取り専門店を探すもののどこが高く売れる場所なのかよく分からないという人が多いと思いますが、あなたの家の近かくのにも、全国的にチェーン店を展開しているガリバーやアップル、といった買取業者が見受けらることでしょう。 Read the rest of this entry »

カラーデザイン

日本流行色協会が主催する「オートカラーアウォード2015-2016」が開催され、スズキの軽乗用車「アルト ラパン」がグランプリに選ばれました。日本流行色協会って、初めて聞いたし、そんなコンテストがあるのも初めて知りました。
Read the rest of this entry »

消費税増税前にロータス エキシージを買うべきか?

来年の4月に消費税が10パーセントになります。

買物の時の計算が楽になる半面、1万円の買物をしたら、税金1000円です!

子供の頃に消費税が無かった頃の世の中を経験してるのですが、なんかもう記憶が薄いので、どうだったか覚えてません。(苦笑)

百円玉だけで買物が出来て、おやつが買えたことだけは、覚えてます。 Read the rest of this entry »

車査定での口コミはどんなものがある?

私はこれまでに車の買取を頼みました。私だけでなく、買取を頼まれたほとんどの方は買取時の査定価格を高くしたいと思うはずです。 Read the rest of this entry »

エスカレード

キャデラックのフルサイズSUVエスカレードがフルモデルチェンジされた。すでに
日本へも、プレミアムとプラチナムという2グレード体制で導入されることが決定している。
まず圧倒されるのは、全長5195×全幅2064×全高1910mmという堂々たる
サイズを持つボディデザインだ。最近のキャデラック車はどれも斬新でデザインが特徴だが、
この新型エスカレードもまた例外ではない。インテリアにも、エクステリア同様に
ニューモデルとしての新しさが巧みに表現されている。シートは3列式で乗車定員は7名。
セカンドシートは簡単な操作で折りたため、サードシートへの乗降も簡単。実用性や
機能性は十分に高い。そしてこの新型エスカレードがライバルに対してもっとも大きな
アドバンテージとしているのはキャビンのクオリティだ。高給な素材に包まれるということは
ここまで気持ちよいものなのかこのキャビンに招かれるゲストは誰もがそう思うに違いない。

レクサスRX 値引き

エブリイ

前身のキャリイバンから数えて12代目となるエブリイは
存在自体が日本の軽貨物車の歴史でもある。それだけに
ニュー・エブリイは、軽規格の限界に挑んだ意欲作となった。
ボディは全長3395mmに対してホイールベースは2430mm。
前輪を前に追いやってクラストップの荷室長1910mmを実現する
と同時に、こちらもクラストップの荷室幅1385mm×高さ1240mm
とあわせて、文字通り広大な容積を作り出したのだ。また、リアスライドドアの
開口幅を15mm広げて、バックドア開口幅と高さを20mm拡大、
床面地上高を15mm下げるなど、使いやすさや積載性も向上させている。
エンジンはR06A型のNAとターボで、5速MTのほか2ペダルとして
NAには5速AGS、ターボには4速ATを設定。GAとPAグレードの
FF・5速AGSモデルは20・2キロを叩き出す経済性も身に着けた。
エブリイと、その乗用車版エブリイワゴンがフルモデルチェンジ。クラストップの
荷室&キャビンスペースが使い方の自由度を大きく広げる。

アクセラスポーツ 値引き

アルトターボRS

あるとのホットモデルといえば1987年に登場した、ワークス
を思い出す人も多いだろう。スポーツKとして人気を得たワークスが
2000年末に生産終了してから14年、ターボモデルがなくなってからも
10年が経ったが、ついにあるとのスポーツモデルが復活する。車名は
アルトターボRS。ワークスの名称は復活しなかったが、久々のホットモデル
の誕生に、スポーツKファンはたまらないはずだ。まずエンジンだが、ワゴンR
スティングレイやハスラーに搭載されるR06A型インタークーラーターボを
ベースに、アルトターボRS独自の改良が施されたもの。最高出力は
自主規制値の64psに止まるものの、最大トルクは向上させているという。
ミッションは新型アルトに搭載された5速AGSオートギヤシフトをベースとしていて
ターボRS専用のスポーツチューニングが施される。ステアリングコラム脇に
パドルシフトも用意しているのでスポーツドライビングにも対応している。

BMW 値引き

新型レジェンド

レジェンドの試乗をしてみた。先代に比べて新型車は格段に
大きくなった。全長はわずか10mmの延長ではあるが、幅は
45mmも広くなった。それにより、車格感はひとクラス上に感じる。
新型レジェンドのターゲットは、レクサスGSやフーガ、あるいは
BMW5シリーズだ。だが、レクサスLSやBMW7シリーズに近く
ともすればメルセデスSクラスに挑んでいるのかとさえ思えた。
また、意外に保守的なデザインである。宝石をちりばめたような
ジュエリーライトは、見るものの視線をまず個々に集めるであろうほど
個性的だが、全体のシルエットはおとなしい。それを落ち着きと解釈するか。
このところライバルがこぞって印象的なデザインで挑んでいることを考えると
おとなしく感じる人も多いだろう。初代レジェンドは1985年、つまり
バブルの真っ最中に誕生。新型車で5代目となる。その名かでも先代は
国内初の300馬力エンジンに挑み、このクラスでは珍しい4輪駆動を採用。
革新的な技術を投入したのである。

マツダ 値引き

お気に入り